コミュニケーション

動画セレクションは、YouTube!人気No.1 無料です。


入門動画を著作権や肖像権に違反しないで、セレクション視聴できます。
YouTubeのカテゴリ MostDiscussedにおいて、視聴者のコメントが多いものです!
  コメントは、口コミですね。口コミが多い動画は、動画セレクションです。
YouTubeのカテゴリ MostLinkedでは、ブログなどにリンクされた数の多い動画です。
  人に紹介するほどの動 画ならば、一度は見てみたいと思うセレクションです。
*** ***(ヘッダー)
コミュニケーション

YouTubeに登録し、メンバーになると次のことが出来ます。
自分の「Channel」(=自分のページ)を持てるためです。

(1) 投稿者とコミュニケーションが可能になります。
   したがって、動画リンク許可を連絡し、依頼出来ます。
   著作権違反になるのを防げますね!この機能を活用しましょう。
(2) 投稿者の状況を知ることができます。
   「Subscript」ボタンをクリックし、予約購読します。
   投稿者のアップロードがトップ画面などで見られるようになります。
(3) 自分のページを開設できます。
    世界に向けて自分の才能をアピールしましょう!
(4) 世界に向けてマイ動画を公開できます。(●詳細は、「公開」記事で明確にしました。)
(5) お気に入り(My Favorites)を活用できます。
   この「My Favorites」に登録すると、登録先の相手の「TopFavorites」に投票が行われます。
(6) 動画をジャンルごとに分けることが出来ます。



*** ***(フッター)
YouTubeは、無料? ほんと??
本当です。
ニュースでご存知のように、YoutTubeへの日本からのアクセスが
アメリカ本土を上回る程になっているそうです。 無料のためでしょうか?
特別のソフトやプログラムを使用せずに、アニメを簡単に再生できるのも人気の秘密です。
しかし、若い人は、利用制限があるため、次の注意が必要です。
・ 13歳以下の利用は、禁止です。
・ 18歳未満の場合、特定のコンテンツを視聴する場合、親又はその人に準じる人の許可が必要です。

YouTubeアニメの人気の秘密をまとめました。
無料のため。
特別のソフトやプログラムを使用せずに、アニメを簡単に再生できるのも人気の秘密です。
さらに、次に示した、おもしろい セレクション カテゴリーがあるのも人気の秘密かもしれません。
(1) おもしろい動 画が多いことです。カテゴリの中からコメディーを見ましょう!
   アニメも多いです。
   「アニメ動 画」のキーワードにより、YouTube検索しましょう!
(2) また、エンターテイメントで風刺や面白映画セレクションを見られます。
(3) 癒し系の動 画もあります。カテゴリーの中からペット・動物セレクションを見ましょう!
(4) ゲームやアニメは、ビデオ・ゲームのカテゴリーから見られます。
(5) スポーツでは、サッカー、スケート、ボクシングなどがあります。
(6) ニュース・ブログから自然災害の場面を見られます。
(7) 芸術・アニメセレクション (芸術関係のアニメは、著作権で保護されています。)
(8) 音楽セレクション
(9) 旅行・場所
(10) 科学・技術セレクション
(11) 車・乗り物セレクション
(12) 人物セレクション
以上の12カテゴリーで分類されています。

米Googleは2006年10月9日、米YouTubeを16億5000万ドルで買収すると発表しました。
買収は株式交換によって行われました。
買収完了後もYouTubeはこれまで通り独立した形で、YouTubeブランド名でサービスを提供し、
カリフォルニア州サンブルーノの拠点、従業員も温存されるそうです。
(2006/10/10 Itmedia ニュースより)

最近、日本語でもYouTubeを利用できるプロジェクトが計画され、テストされています。
YouTubeアニメを日本語でも検索し、視聴できます。
YouTubeアニメは、今後ますます人気が出るかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おれはエステティシャン
Excerpt: 女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
Weblog: さわだ07
Tracked: 2007-06-11 08:52

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。